【物流】要求高くて対価は低い 佐川がアマゾンとの取引撤退 宅配業界大揺れ - 2ちゃん勢い 番記者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【物流】要求高くて対価は低い 佐川がアマゾンとの取引撤退 宅配業界大揺れ

1:2013/10/01(火) 10:31:59.40 ID:
日本独自の発達を遂げた宅配システムは、ついに首都圏などかなり広い範囲で
「当日配達」が可能になるほどスピードアップした。
その原動力は、ネット通販の世界最大手であるアマゾンだ。
同社の当日配達実施率は、人口ベースで全国の8割近くまで達した。
ネットで注文したその日のうちに商品が届くうえ、ほとんどのケースでは送料が
かからない。

だが、宅配業者にとってアマゾンについていくのは、容易なことではない。
宅配便2位の佐川急便は、今年4月にアマゾンとの取引のほとんどを返上した。
数量の変動が大きく、時間指定を含めサービスの要求水準が高い一方で、
対価は極めて低かったからだ。

2000年にアマゾンが日本に進出したときには、日本通運の「ペリカン便」が
宅配業務を担当していた。それを佐川が引きついで、業界首位のヤマト運輸と
ともにアマゾンの配送を支えてきた。
今回、佐川が撤退を決めたことで、アマゾンの宅配業務はほとんどヤマトが一手に
支えることになった。
ヤマトと佐川は、国内の宅配市場のシェアがそれぞれ4割前後。
わずかにヤマトが上回る程度だが、配送を支えるネットワークの構成は大きく
異なる。ヤマトが国内に約4000の営業拠点を持つのに比べ、佐川はその
1割程度。配達員の数も半分程度でしかない。

もともとヤマトのインフラは個人間取引を前提にできているが、佐川の場合は
企業間取引がベース。その差が拠点数などに現れている。佐川は、配達員の数が
足りない分は「アンダー」と呼ばれる下請けを起用して補ってきた。

配達員のほとんどが社員であるヤマトでは、配達する荷物が増えるほど効率が
上がる。だが、下請けに依存する度合いが高い佐川では、数量の拡大は
外注費増に直結する。その分だけ、アマゾンからの値引き要求の打撃が
大きかったとみられる。佐川は、今後は原点である企業間物流に活路を求める。

一方のヤマトも安泰ではない。
佐川の仕事の一部は日本郵便の「ゆうパック」が引き継いだが、
配送品質が心配なアマゾンはこの仕事をしばらくヤマトに任せる方針だ。
急激に増えた仕事を、ヤマトは配達員の残業で何とか回している。
さらに物量が増えたときの人件費増をどうすべきか、ヤマトにとっては頭の痛い
問題だ。

アマゾンへの対応をめぐり、日本の宅配業界は大きく割れた。
だが、企業がそれぞれの特徴をはっきりさせて生き残りを図るのは当然のこと。
問題は、これがコップの中での争いに過ぎないかもしれないことだ。

独DHL、米UPS、フェデックスなどは、グローバル企業の
サプライチェーン改革や新興国市場の拡大を手掛かりに急成長している。
彼らにとって、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を含めアジアでの
自由貿易圏拡大は強い追い風だ。

近い将来にアジアが主戦場となる流れをよそに、国内の過剰サービス競争に
明け暮れているようでは大きなチャンスを見逃すことになりかねない。
(「週刊東洋経済」副編集長 西村豪太)

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131001/biz13100108070009-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131001/biz13100108070009-n2.htm
3:2013/10/01(火) 10:34:43.02 ID:
佐川時間指定しても守らないもんなw
4:2013/10/01(火) 10:35:44.26 ID:
佐川は時間帯指定の1時間以上前か1時間以上後じゃないと来ない。
5:2013/10/01(火) 10:35:55.64 ID:
ヤマト大丈夫かこれ
6:2013/10/01(火) 10:36:23.35 ID:
アマゾンてEC宅配でしょ
8:2013/10/01(火) 10:37:41.16 ID:
佐川のメール便とか1週間後に配達とか当たり前だもんな

佐川メール便でググると
遅いって単語が自動で出てきて笑った
11:2013/10/01(火) 10:39:21.33 ID:
佐川は、午前中指定でも午前中に届かないほど、業務量が多すぎだもんな。


12:2013/10/01(火) 10:39:29.46 ID:
アマゾンは法の隙を付いて
日本に販売しても、日本には税金一銭も入れて無いんだったけ?

確かに、アマゾンの仕様はユーザーには嬉しいかも知れ無いが
運送業泣かせだよな
しかし、通販何だから数日は待てとは思うけど
14:2013/10/01(火) 10:41:11.34 ID:
佐川は配達品質が低いから撤退してくれてありがとうとしか言えない
17:2013/10/01(火) 10:41:28.36 ID:
嫌なら断れ。欲に目がくらんだ結果がこれでしょ。自業自得
20:2013/10/01(火) 10:45:42.19 ID:
佐川は社員が配送してるわけじゃないからな。
求人情報見れば、宅配の求人があるけど、あれ佐川だよ。
そうやって車代もガソリン代も浮かせてる。(本人負担)
21:2013/10/01(火) 10:45:52.43 ID:
別にここまで急がなくてもいいのに
と思うことはある
22:2013/10/01(火) 10:46:07.56 ID:
ヤマトも単価はある程度譲らなかったはずで、うちの地域はかつてヤマトから佐川に変わった。
売り上げ市場主義で赤字出すより、主張すべきところはしたほうがいいよ。
23:2013/10/01(火) 10:46:08.02 ID:
すでにその傾向は出ているが、ヤマトもこれで品質間違いなく落ちるだろうなぁ

日本の優秀なインフラをただのり、酷使することでのし上がる企業が力を付けるのは長期的な国家収支ではマイナス
特にアマゾンみたいに税金おとさん企業は特にだ
24:2013/10/01(火) 10:46:30.15 ID:
届くの遅くなっても良いから送料無料は維持して欲しい
27:2013/10/01(火) 10:47:23.92 ID:
俺も多少遅くなってもいいから送料無料だけはなんとか残ってほしいかな?
29:2013/10/01(火) 10:49:13.35 ID:
Amazonは日本どころかアメリカにも税金払ってねーよ
33:2013/10/01(火) 10:56:59.40 ID:
これは無料がなくなるな
34:2013/10/01(火) 10:57:08.14 ID:
佐川はもともと商業急便だから・・

宅配の対応はいい加減なのも当然だよ。
35:2013/10/01(火) 10:57:33.63 ID:
ヤマトも指定時間守らない
なんとかしろ
41:2013/10/01(火) 11:05:41.21 ID:
海外業者は取り敢えず土日祝日無料配送をやれ
話はそれからだ
44:2013/10/01(火) 11:08:41.94 ID:
佐川は個数まとまるような企業向けしか、元から無理だろ。
宅配やる気も感じられないくらいの送料だったし。
でも、アマゾンという企業の物を捌けないのだから、
そもそもの存在意義を問われると思うけどね。
50:2013/10/01(火) 11:21:25.89 ID:
ヤマトも現場はすでに疲弊している感があるなあ・・・。

とはいえなんだかんだでAmazon最強だから、若干の割増でそれが改善されるなら今後もAmazon使いたいわ。
51:2013/10/01(火) 11:23:57.78 ID:
ヤマトは配送センタが内の近くに2箇所歩けど
佐川って、はるか遠くの隣の隣の区にあるだけ

近くの公園の路上で、佐川のトラックが4台くらい停まって、荷物の積み替えをやったりしている
どうなっているんだろう
59:2013/10/01(火) 11:44:58.37 ID:
ヤマトも疲弊してるよ、まあ佐川がひどいとか行ってもアメリカなんかの配送業者と比べたら神様レベルだよ
Amazonもシェア上がってきたから、定額は送料取り出してるし
また450円以上とかに戻るか2000円とかになりそう
楽天しだいだが
63:2013/10/01(火) 11:50:59.45 ID:
日本での売り上げには課税するべきだろ。

安さの源泉が脱税なんて洒落にもならないわ。
87:2013/10/01(火) 13:54:18.67 ID:
ゆうパックでもいいよ。
再配達の操作が面倒過ぎるけど。
92:2013/10/01(火) 16:24:28.14 ID:
以前こんなことがあったらしいね

アマゾンと東京国税局が
法人税について
140億円の追徴課税でもめた挙句
ビタ一文払っていない経緯から
   
「法人税すら日本に払わないアマゾンが
“消費税だけは日本に納付している”
 とは考えにくい」

と疑われているとか

消費税納付について国税庁に問い合わせても
守秘義務で回答は得られないという
  
詳しくは
アマゾンと国税局のやりとりを
検索してもらえればと
98:2013/10/01(火) 17:31:04.77 ID:
あの佐川が手を引くってのはよっぽどアマゾンの要求が高いんだろうな
ヤマトにはアマゾンに振り回されないようにしてほしい
関連記事
スポンサーサイト
FC2ライブ

コメント
非公開コメント


トラックバック

http://froffer.blog.fc2.com/tb.php/151-c66bde95

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。